ホーム > 注目 > キメの細かい泡で優しく

キメの細かい泡で優しく

私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、洗顔でピーリングを行っています。

 

ピーリングを初めてした時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。

 

それで、怖くなってしまって即止めることにしたのですが、肌が正常に戻ったら、ヒリッとした感覚が消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。

 

それ以来、ニキビを見つけるとピーリングを行っています。

 

炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗おうとした時などに少し指で触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。

 

ですから、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どんなに気になっても指で触ったりすることは絶対にやめてください。

 

触ってしまうと痛いだけでなく、指から雑菌が入るために、さらに炎症がひどくなる可能性があります。

 

乾燥肌にならないためには、洗浄力控えめで、刺激の少ないクレンジング剤を使うようにしてみてください。

 

落とすのが厄介なポイントメイクはそこだけ専用のリムーバーを使い、肌荒れにならないように注意してください。

 

後、洗顔の際もゴシゴシと擦るのはよくありません。

 

キメの細かい泡で優しく洗い、十分にぬるま湯で流すようにしましょう。

nagayamatatsuya.com